美味しい紅茶を飲むために

トップページへ紅茶の種類のページへ入れ方のコツへ店舗のご案内についてアクセスマップへメールフォームへ

このページでは、

 ・ゴールデンルールについて
 ・茶葉の分量と蒸らし時間
 ・入れる手順とポイン


について記載します。

ゴールデンルールとは

さて、紅茶を入れる手順に、「ゴールデンルール」と呼ばれるものがあるのはご存知ですか?
英国式ゴールデンルールをご紹介します。

 1.  Use good quality tea(良質の茶葉を使う)
 2.  Warm the tea pot(ティーポットを温める)
 3.  Measure your tea,one for a pot(茶葉を測り、人数分プラス1杯入れる)
 4.  Use freshly boiling water(汲みたて、沸かしたての水を使う)
 5.  Allow time to brew(茶葉をきちんと蒸らす)

上記をまもれば、美味しい紅茶が入れられると言われています。
ちなみに、3.の人数分プラス1杯入れるというのは、「ポットのためにもう一杯入れる」と言われたりもします。
なんだか素敵ですね!

このページのtopへ↑

茶葉の量と蒸らし時間

茶葉の形状により、蒸らし時間が異なるということは、紅茶の種類のページでもご説明させていただきました。
以下をご参照ください。

茶葉の種類 茶葉の量(ティースプーン)/1人  蒸らし時間
OP(フルリーフのもの)  山盛り1杯(3g) 3分
BOP(ブロークン・オレンジ・ペコー)  1杯(2.5g〜3g)  2分30秒〜3分
 D(ダスト)  軽く1杯(2g〜2.5g)  2分〜2分30秒
 CTC(CTC製法・・・丸い粒上に加工したもの)  軽く1杯(2g〜2.5g)  2分30秒

茶葉の量ですが、茶葉を量る用のメジャースプーンが市販されているので、そちらを使用しても便利です。
蒸らし時間は目安ですが、十分な蒸らし時間をとらないと美味しさが引き出しきれません。
逆に長すぎても渋みやエグさが出てしまうので、何度か試していただいてご自身が一番美味しいと思う時間で調整していただいたらよいのではないでしょうか。

このページのtopへ↑

手順とポイント

1.ポットとカップを温める。
   ・・・省略しがちですが、ポットにお湯を注いだ際に温度が下がるのを防ぎます。

2.汲みたての水をポットに入れ、沸かす。
   ・・・ポットですが、鉄製のものは避けたほうが良いです。鉄分が水に溶けだしてしまいます。

3.温めておいたポットに、人数分プラス1杯の茶葉を入れお湯を注ぐ。

4.上記の表を参考に、十分蒸らす。
   ・・・ティーコゼーを使用することが理想。温度が下がるのを防げます。

5.最後の一滴まで注ぎきる。

紅茶画像  重要なのは温度。ポットの中で、茶葉が十分に開くことが大切です。
温度の低いお湯を使ってしまうと、対流がおこりにくく、茶葉が十分に開きません。

5.の最後の一滴まで注ぎ切ることも重要です。
この最後の一滴は「ゴールデンドロップ」と呼ばれ、いちばん美味しいといわれています。

時間をかけて丁寧に入れた紅茶は格別です。
ぜひ、優雅なひと時をたのしんでください。

(参考サイト:「日本紅茶協会」http://www.tea-a.gr.jp/
        :「AllAbout」http://allabout.co.jp/gm/gc/218224/2/)

前のページへ戻る このページのトップへ ホームへ 次のページへ